RUSTYサーフボード・RUSTYウエットスーツ・SANTOSHAサーフボード 卸販売 OFFTHEWALL International |サーフィングッズ・サーフウエア販売 オフザウォール大阪

 
         
   
   
   
   
   
   
 





ブログを閲覧中はカートの中身を表示できません。下記よりご確認ください。
カートの中身を確認する
ホーム > ブログ

OFFTHEWALL OSAKA BLOG

RUSTYサーフボード・ウエットスーツ・SANTOSHAサーフボード、サーフィングッズ・SUPボード、サーフウエア販売 オフザウォール大阪店。
<<NEW | TOP | OLD>>

プライオリティールール

2018.05.11 Friday | OFFTHEWALL

プライオリティールール

さあ、今日511日(金)より第36回全日本級別サーフィン選手権大会(2018)が、愛知県田原市大石海岸他を舞台に開催されています。

出場される選手の皆様へ 頑張って下さいよ!!

そして、いよいよ導入されます。プライオリティールール 選手にとっては試合がやりやすくなります。

4 or 3メンプライオリティー】

・ヒート開始後、プライマリーテイクオフゾーン(以下PTZ)に到着した時点では、プライオリティーは発生しない。

PTZとは、波がブレイクするテイクオフゾーンであり、プライオリティージャッジが目視で確認し、設定される。一日を通して、潮の干満などにより、波がブレイクする場所が変化する場合は、状況に合わせて、プライオリティージャッジにより、PTZが移動される。

・プライオリティージャッジはプライオリティーが施行されている間に、選手が着用しているゼッケンカラーに対応したカラー表示システムを使って、海の中に居る選手に優先順位を示すよう判定を行う。

・ヒート開始後、誰もライディングを行っていなく、プライオリティーが発生していない状態の場合、従来のインターフェアレンスルールが適用される。

・最初にライディングをして、PTZに戻った選手に対して、4番目(3番目)のプライオリティーを与える。次にライディングをした選手がPTZに戻った時点で、その選手に4番目(3番目)のプライオリティーが与えられ、それまで4番目(3番目)のプライオリティーだった選手が3番目(2番目)に繰り上がる。PTZに残った選手もライディングを開始し、PTZに戻ると、同様にプライオリティーが繰り上がっていく。

・そのプライオリティーを持った選手が、波に乗る又は、乗る姿勢を取ってパドルをし、失敗した場合でもプライオリティーを失う。

2人の選手が同時にライディングし、同時にPTZに戻った場合、先にプルアウト又は、ライディングを辞めた選手に、上のプライオリティーが与えられる。

・高い優先順位を持っている選手が、意図的にPTZで他の選手が波を捉える行為を妨害する位置に留まる場合、プライオリティーを失う事がありうる。

・多数のジャッジが妨害を気付かなかった場合、ヘッドジャッジの判断だけで、妨害をコールされる事もある。

・プライオリティールールが施行されている状況下では、選手自身が責任を持って、システムの表示、及び状況を確認する義務がある。

・ヒート開始後、プライオリティージャッジにより、決められた優先順位に従わなければならない。

4 or 3メンプライオリティー妨害】

・高い優先順位を持っている選手に対して妨害した場合、ベスト2ウェイブの2ndベストウェイブを全てカットされ、ベスト1ウェイブのみのカウントとなる。

・プライオリティーを持っていない選手に対して妨害した場合、従来通り、ベスト2ウェイブが1/2となり、カウントされる。

・妨害された選手はヒート時間中にエクストラウェイブが与えられる。

・ダブルインターフェアレンスの場合、エクストラウェイブは与えられない。

・同じヒートで妨害を2回行った選手は、直ちに競技エリアから出なければならない。

?2回の妨害共、プライオリティーを持たない選手に行った場合、ベスト1ウェイブのカウントになる。

?1回目の妨害がプライオリティーを持たない選手に行い、もう1回の妨害が、その選手より上のプライオリティーを持った選手に行った場合、ベストウェイブが1/2となり、2ndベストウェイブがゼロになる。

?2回の妨害が、両方、その選手より上のプライオリティーを持った選手に行った場合、失格となる。

・妨害された選手が妨害を行った選手よりプライオリティーが下の場合、ノンプライオリティー妨害となる。妨害した選手は2ndベストウェイブが1/2となる。

この、4 or 3メンプライオリティーは2018 ISA ルールブックを抜粋して訳したものです。

NSAの試合運営上で不足している部分があった場合は、オリジナルの ISA RULE BOOKを参照し、NSAルールに則り、プライオリティージャッジの見解によって判断されます。

どのような状況においても、もしプライオリティー・システムが機能していない事により、議論が起きた場合は、NSAルールに則り、ヘッドャッジ、コンテスト・ディレクターにより仲裁されます。

オフザウォール大阪店 

| ニュース | 07:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
COMMENT









 TRACKBACK URL
 TRACKBACK
オフザウォールのメルマガです!
新商品の入荷やSALE情報を配信しています。ぜひご登録ください。
登録・解除はこちら
blg_cat.jpg blg_cal.jpg
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
blg_link.jpg blg_arc.jpg